寄付と寄贈の意味や違いを紹介

画像: 寄付と寄贈の意味や違いについて

一見、意味が似ているようにも思える寄付と寄贈。
ただ、もちろんこれらの意味には違いがあります。

寄付とは、非営利な事業や行事にお金や物品を贈ること。
一方で寄贈とは、寄付とは違い、公共性の高い組織へ物品を贈ることです。

例えば、被災地にお金を贈ることは、寄付と言います。
当然ながら、この場合に寄贈という言葉は使いません。
しっかりとそれぞれの意味を把握して、正しい方法で支援を行っていきましょう

今回は、そんな寄付と寄贈の意味や違いについて解説。
各単語の意味を踏まえ、どういった違いがあるのかわかりやすく紹介します。

寄付と寄贈の意味や違いをしっかりと把握して、正しく使い分けるようにしましょう。

それぞれの意味とは?

まずは、寄付と寄贈の意味をそれぞれ紹介していきます。
「寄付とチャリティー」の違いや、「寄贈と贈呈」の違いについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

寄付の意味

画像: 寄付の意味について

寄付の意味は、以下の通りです。

き‐ふ【寄付・寄附】
[名]スル公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

上記の通り、寄付とは「公共の団体へリターンを顧みずお金や物品を贈ること」です。

この公共の団体は、非営利に活動を行っている組織を指します。
そのため、営利目的で活動する会社や事業へ金品を贈ることは、寄付とは言いません。

例えば、NPO法人などにお金を贈る行為は、寄贈ではなく寄付。
非営利な活動を行う団体へお金を渡すため、この場合は寄付を使うのが正しいという訳です。

そんな寄付は、頻繁に「チャリティー」の和訳として使われることがあります。
しかし、チャリティーと寄付は全く意味が違います。

チャリティーとは、直訳すると慈善。
また、慈愛やその精神、社会的な救済活動という意味を持ちます。

一方、寄付は非営利な団体にお金を贈ることです。
チャリティー = 社会的な救済活動」・「寄付 = お金を贈る行為」となり、それぞれ違った意味を持つので注意してください。

ちなみに、寄付と寄附の違いはほとんどありません。

基本的には、どちらも同じ意味を持つ単語です。
ただ、「寄附は公共文や法令文で用いる」・「それ以外の場面では寄付を用いる」といった違いはあります。

寄贈の意味

画像: 寄贈の意味について

寄贈の意味は、以下の通りです。

き‐ぞう【寄贈】
[名]スル《「きそう」とも》物品をおくり与えること。

出典:大辞泉

寄付とは違い、寄贈は「公共性の高い組織へ物品を贈ること」という意味を持ちます。
この公共性の高い組織として挙げられるのが、学校や図書館などです。

例えば、図書館に本を贈る場合は、寄付ではなく寄贈と言います。
「図書館へ本を寄付した」とは言わないので、覚えておきましょう。

寄贈と同じ意味を持つとして、よく使われるのが「贈呈」という単語。
ただ、寄贈と贈呈の意味は100%イコールではありません。

贈呈は、自分よりも目上の相手や、賞賛に値する相手に対して、物品を差し上げる際に使う言葉。
一方で寄贈は、困っている相手や、その物品を必要としている相手に対して、無償で贈る際に使う言葉です。
このように、贈呈と寄贈では物を贈る対象が違います。

どういった違いがある?

画像: 違いについて

それでは、上記で紹介した寄付と寄贈の意味を整理してみます。

  • 寄付 = 公共の団体へリターンを顧みずお金や物品を贈ること
  • 寄贈 = 公共性の高い組織へ物品を贈ること

これらの意味を比較してみると、双方の違いは2点。
贈る物の違い」と「贈る対象の違い」です。

まず、寄付と寄贈では、贈る物に違いがあります。

寄付の場合、贈る物はお金や物品。
寄贈の場合は、物品のみが該当します。
物品のみが該当するということは、お金を贈る行為は寄贈ではないということです。

そして、贈る対象が異なるところも、寄付と寄贈の違いです。

上述した通り、寄付の対象となるのは、NPO法人といった非営利に活動する団体。
また、場合によっては、個人へ金品を贈ることも寄付と言えます。

一方、寄贈の対象は、教育機関や医療機関を始め、公共性の高い組織だけです。
なので、寄付と比較すると、寄贈の方が対象は限定的と言えるでしょう。