寄付を行う意味とは?

画像: 寄付の意味について

支援者の方に様々なメリットをもたらす寄付。
きっと、寄付という言葉の定義を始め、その行動の意味について押さえておきたい方もいるのではないでしょうか?

寄付の意味とは、支援先からのリターンを顧みず自身が持つ金品を贈与する行為のこと。
支援先として挙げられるのは、国・地方公共団体やNPO法人など様々です。
仮に、利益が生じないのであれば、個人に対して金品を贈与することも寄付と言います。

寄付の意味を理解する上で、誤用されがちな言葉との違いを把握しておくことは非常に大切。
例えば、寄付と募金には、全く違った意味があります。
「募金 = 寄付を募る行為」という意味なので、しっかりと使い分けるようにしましょう。

今回は、そんな寄付について、基本的な言葉の意味に加えて似た言葉との違いを解説。
さらに、寄付という行動を起こす意味についても紹介します。

単に言葉の定義を知るだけでなく、どんな意味があって寄付を行うのかしっかりと把握して、寄付上手な支援者になりましょう!

言葉の定義について

画像: 寄付の意味について

寄付の意味とは、国や地方公共団体、NPO法人などに対して無償で金品を贈与する行為のこと。
辞書で定義されている寄付の意味は、以下の通りです。

公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

上記からもわかる通り、寄付に該当するのは、公益性の高い団体へ支援を行った場合に限ります。

とはいえ、もし支援先から見返りがないのであれば、個人に対して金品を贈与することも寄付に当たります。
そのため、寄付の意味とは、「公益性の高い団体・人物」に対して無償で「金品」を贈与することです。

似ている言葉との違い

画像: 似た言葉との違いについて

一見、寄付と意味が似ているような言葉にも、はっきりとした違いがあります。
ここでは、寄付と同じ意味を持つとして、誤って引用されやすい言葉をいくつか紹介します。

まず紹介するのは、寄付と「募金」の違いです。

募金の意味とは、「寄付金を募って集める行為」のこと。
一方で寄付の意味とは、「金品を贈与する行為」のことです。

寄付は与える側の行為であるのに対し、募金は貰う側の行為を意味します。
与えるのは寄付」・「貰うのは募金」といった違いがあるので、間違えないよう注意してください。

続いては、寄付と「寄贈」が持つ意味の違いです。
とても意味が似ているように思えるこれらの言葉ですが、明確な違いがあります。

基本的に、寄贈は「公共性の高い団体」へ「物品」を贈与する際に用いる言葉。
公共性の高い団体として挙げられるのは、学校などの教育機関を始め、病院などの医療機関です。

反対に、寄付は「公益性の高い団体」へ「金品」を贈与する際に用います。
それぞれの意味を比較してみると、違いは明白。
「公益性の高い団体へ金品を贈与するのは寄付」・「公共性の高い団体へ物品を贈与するのは寄贈」と覚えておきましょう。

最後に紹介するのは、寄付と「寄附」の違いです。

実は、寄付と寄附が持つ意味に違いは全くありません。
しかし、意味に違いはないものの、状況によって使い分けが必要な点には注意が必要です。

寄附は公共文や法令文で用いるのが一般的。
対して寄付は、それら以外のシチュエーションで使用するのが好ましいとされています。

寄付を行う意味は人それぞれ

ここからは、なぜ寄付という行動を起こすべきなのか、その意味について紹介します。

税制の優遇処置を受けられるから

画像: 税制の優遇処置について

まず、税制の優遇処置が受けられる点は、寄付を行う意味と言えるでしょう。

税制の優遇処置とは、個人が寄付を行うことにより所得税の控除が適用されるというもの。
受けられるのは、「寄付金控除」or「税額控除(※)」です。
国や地方公共団体、認定NPO法人に対して2,000円以上の寄付を行った場合、これらの優遇処置が適用されます。
(※ 税額控除に関しては、認定NPO法人に対して寄付を行った場合のみ適用されます)

一方、法人が寄付を行うと、そのお金を損金として算入することができます。
損金算入とは、法人が利益を上げるために使った費用を経費計上すること。
損金には法人税が掛からないため、実質的に税金が控除されるという訳です。

このように、個人・法人ともに寄付を行うことで税制面が優遇されます。
支払う予定だった税金を好きな団体の活動資金に充てられるだけでも、寄付を行うことに意味はあるはずです。

社会に貢献できるから

画像: 社会貢献について

社会貢献の実感を得られるところも、寄付を行う意味の1つです。

日々の生活の中で社会に貢献できているという強い実感を得ることは、そこまで簡単なものではありません。
また、解決したい社会問題があるものの、自身の力だけではどうにもできず、もやもやした気持ちを抱いている方も多くいると思います。

そんな方にとって、寄付という形で行動を起こすことには、大きな意味があることでしょう。
きっと、「困っている人を助けられた」という実感を獲得できるはずです。
もし、あなたが解決したいと思う社会問題に取り組む団体を支援できたら、より大きな社会貢献の実感を得られるかもしれません。

幸福度が上がるから

画像: 幸福度について

寄付を行うことの意味として、自身の幸福度が増すためというものが挙げられます。

一見、自己中心的に思えますが、自身の幸福度のため寄付を行うことには、大きな意味があります。
これは、「Dunn  et  al.」の研究により、他人のためにお金を使う行為が人間の幸福度に良い影響を及ぼすと判明したからです。

まさしく、寄付は他人のためにお金を使う行為。
そのため、自身の幸福度を上げるという意味においても、寄付は非常におすすめです。

参考:経済的な豊かさと寄付の心理的効用の関連 | 竹部 成崇