寄付とクラウドファンディングにはどんな違いがある?

画像: 寄付とクラウドファンディングの違いについて

最近、その手軽さから急激に活用する方が増えているクラウドファンディング。
寄付について調べていく中で、「クラウドファンディングとの違いは何なんだろう?」と気になった方も多いのではないでしょうか?

寄付とは、公益性の高い団体に見返りを求めず金品を贈る行為のことです。
寄付の対象として挙げられるのは、国・地方公共団体・NPO法人といった団体。
リターンを顧みず、NPO法人などに金品を贈ることを寄付と言います。

一方、クラウドファンディングとは、ネットを介して不特定多数の方からお金を集める行為のこと。
インターネット上で目標などを発信し、共感してくれた方々から寄付金を募ることをクラウドファンディングと言います。

クラウドファンディングの特徴と言えば、お金を贈ることにより多種多様な「リターン」を得られるところ。
反対に、寄付ではリターンを得られることは決してありません。
なので、寄付とクラウドファンディングの最大の違いは、「リターンの有無」と言えるでしょう。

今回は、寄付とクラウドファンディングにどういった違いがあるのか、それぞれの概要を踏まえて解説。
寄付とクラウドファンディングの意味を紹介することによって、双方の違いをわかりやすくお伝えします。

寄付とクラウドファンディングの違いについてしっかりと把握し、自身に最適な支援の形を見つけましょう!

それぞれの概要について把握しておくことが大切

まずは、寄付とクラウドファンディングの概要について、それぞれわかりやすく紹介します。

寄付の概要について

画像: 寄付の概要について

寄付とは、公益性の高い団体に対して、リターンを求めず無償で金品を贈与する行為のことです。
辞書においても、同じように定義されています。

き‐ふ【寄付・寄附】
[名]スル公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

公益性の高い団体とは、国・地方公共団体・NPO法人・公益社団法人といった非営利な団体のこと。
わかりやすく言えば、社会をより良いものにするために活動する団体のことです。
こういった団体に対して金品を贈る際に寄付という言葉を使います。

そんな寄付の特徴として挙げられるのは、「リターン」を得られないところ。
仮に、金品を贈ることにより何かリターンがあるのであれば、それは寄付とは言いません。

ただ、リターンがないとは言っても、寄付を行うことにより税制の優遇処置を受けられます。
税制の優遇処置とは、「寄付金控除」・「税額控除」というもの。
国や認定NPO法人などに2,000円以上の寄付を行うことで適用され、どちらも所得税に対する控除が受けられるというものです。

ちなみに、金銭ではなく、物品を贈る行為も寄付と言います。
これを「物品寄付」と言うので、覚えておきましょう。

クラウドファンディングの概要について

画像: クラウドファンディングの概要について

クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせて作られた造語のことです。
インターネットを介して目標や夢を発信し、その目標や夢に共感してくれた方から寄付金を募ることをクラウドファンディングと言います。

クラウドファンディングの最大の特徴は、金銭を贈ることによって何かしらのリターンを得られるところ。
例えば、レストランの出店を目標としている方にお金を贈ったとすると、リターンとして割引券などが貰えます。
もちろん、獲得できるリターンは、支援する相手によって様々です。

基本的に、クラウドファンディングでは、お金を贈った相手がどんな活動を行っているのか、またその活動の進捗状況を確認できます。
自身が贈ったお金をどのように使っているのか把握できるので、「人の役に立った」という実感は得やすいことでしょう。

しかし、お金を贈る相手によっては、そのお金をプライベートで使ったり、リターンが提供されなかったりします。
そのため、クラウドファンディングを活用して支援する場合は、しっかりと相手の信頼度を測ることが大切です。

そんなクラウドファンディングには、以下6つの種類があります。

種類概要
購入型クラウドファンディングプロジェクトに対して金銭的な支援を行い、そのリターンとして物やサービスを得られるもの
融資型クラウドファンディング資産運用を検討している投資家から小口の資金を集め、大口化して企業に融資するもの
株式投資型クラウドファンディング法人が行う資金調達の方法。
投資家へ未公開株を提供する代わりに資金を募るもの。
ファンド型クラウドファンディング法人が行う資金調達の方法。
特定の事業に対して資金を募るもの
寄付型クラウドファンディングプロジェクトに対してリターンを顧みず金銭を寄付するもの
ふるさと納税型クラウドファンディング各自治体が抱える課題をプロジェクト化し、そのプロジェクトの共感者からふるさと納税によって寄付を募るもの

上記の通り、全6つある種類の中には、寄付型クラウドファンディングというものも含まれています。

この寄付型クラウドファンディングと寄付の違いはほとんどありません。
どちらも同じ寄付として認識しておいて問題ないでしょう。

「リターンの有無」が最大の違い!

画像: 双方の違いについて

寄付とクラウドファンディングの違いを紹介するに当たり、それぞれの特徴をまとめてみます。

画像: 違いについて

上記の通り、寄付とクラウドファンディングの違いは一目瞭然です。

まず、寄付とクラウドファンディングの最大の違いは、「リターンがあるかないか」という点。
前述の通り、寄付とはリターンを求めずに金品を贈る行為のことです。
一方、クラウドファンディングでは、お金を贈ることによりリターンを獲得できます。

仮に、金銭を贈ることであなたに何か利益が生じるのであれば、それは寄付ではありません。
反対に、リターンが得られないことをわかった上でお金を贈る行為は、寄付型クラウドファンディング or 寄付に該当します。

また、寄付とクラウドファンディングでは、支援の形にも違いがあります。

寄付の場合、物を贈る行為も1つの支援の形。
しかし、基本的にクラウドファンディングは、金銭的な支援しかできません。
物を贈るという支援の形の有無」も寄付とクラウドファンディングの大きな違いと言えるでしょう。