寄付と寄附の違いを解説

画像: 寄付と寄附の違いについて

寄付について調べていく中で、「寄附」という言葉を目にしたことがある方も多いと思います。
きっと、寄付と寄附の違いがわからず、もやもやしている方も少なくないのではないでしょうか?

結論から言うと、寄付と寄附が持つ意味に違いはありません
寄付とは、国やNPO法人に対して、無償で金品を贈与する行為のこと。
寄附にも寄付と全く同じ意味があります。

しかし、寄付と寄附の意味は同じでも、言葉が2つ存在しているということは、当然ながら違いがあります。
その違いとは、「公共文や法令文で用いるか否か」というものです。

公共文や法令文などでは寄附を用いるのが一般的。
一方、寄付は公共文や法令文以外で使うのが好ましいとされています。
このように、寄付と寄附では使用するシチュエーションが異なります。

そこで、今回は寄付と寄附の違いは何なのか、言葉の意味を踏まえながら解説。
「寄付を用いる状況」・「寄附を用いる状況」それぞれを具体例とともに紹介します。

さらに、寄付と同じ意味を持つとして誤用されがちな言葉との違いについても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

そもそも寄付とは?

画像: 寄付について

辞書では、寄付の意味を以下のように定義しています。

公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

上記を踏まえ、寄付の意味をより詳しく説明すると、「公共の団体に対し、リターンを求めずお金や物品を贈ること」となります。

この公共の団体とは、国・地方自治体やNPO法人など、非営利に活動を行っている組織のこと。
なので、営利目的で活動を行う会社や事業に対して金品を贈ることは、寄付とは言わないので注意してください。

もちろん、金銭ではなく、物品を贈る行為も寄付に該当します。
このことを「物品寄付」と言うので覚えておきましょう。

寄附との違いについて

画像: 寄附との違いについて

寄付と寄附の意味に違いはありません。
どちらも、公共の団体に対して無償で金品を贈与する行為を指す言葉です。

き‐ふ【寄付・寄附】
[名]スル公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

上記の通り、辞書においても「寄付/寄附」と記載されていることから、どちらも同じ意味を持つ言葉であることがわかります。

とはいえ、2つの言葉が存在しているということは、寄付と寄附にも違いがあるということです。

例えば、公共文や法令文では、寄附を使うのが好ましいとされています。
公共文とは、国や公共団体などが出したり、官公庁あてに提出したりする文書のこと。
法令文とは、簡単に言うと法律の内容を記した文書のことです。

一方、新聞・テレビなどのメディアや日常生活においては寄付を使用するのが一般的。
なので、どちらの言葉を使うべきか迷った際は、「公共文や法令文で用いるか否か」を基準に使い分けると良いでしょう。

ちなみに、元々は日常生活でも寄附を用いるのが一般的でした。
しかし、戦後にアメリカが日本の教育に関与するようになり、より簡単に書ける寄付が広く使われるようになったそうです。

誤って引用されやすい言葉を紹介

ここからは、寄付/寄附と似た意味を持つとして、誤って引用されやすい言葉をいくつか紹介します。
それぞれの言葉と寄付/寄附との違いも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

誤用されがちな言葉1つ目:募金

画像: 誤用されがちな言葉1

まず、寄付/寄附と同じ意味を持つとして、よく勘違いされているのが「募金」です。
ただ、寄付/寄附と募金の意味には、明確な違いがあります。

前述の通り、寄付/寄附は公共の団体に対して見返りを求めず金品を贈与する行為のこと。
一方、募金の意味は以下の通りです。

ぼ‐きん【募金】
[名]スル寄付金などをつのって集めること。

出典:大辞泉

上記の通り、募金とは「寄付金/寄附金を募って集める行為」のことです。

それぞれの意味を比較してみると、その違いは一目瞭然。
寄付/寄附は金品を贈る行為であるのに対し、募金は金品を募る行為です。
与えるのは寄付/寄附」・「集めるのは募金」といった違いがあるので、しっかりと使い分けるようにしましょう。

誤用されがちな言葉2つ目:寄贈

画像: 誤用されがちな言葉2

続いて紹介するのは、寄付/寄附と「寄贈」の違いです。
寄贈の意味は、辞書にて以下のように定義されています。

き‐ぞう【寄贈】
[名]スル《「きそう」とも》物品をおくり与えること。

出典:大辞泉

辞書にも定義されている通り、寄贈とは「公共性の高い組織に対して物品を贈ること」です。

一見、寄付/寄附と寄贈の意味には、違いがないように思えるかもしれません。
しかし、それぞれの意味をかみ砕いてみると、はっきりとした違いがあることがわかります。

まずは、寄付/寄附の意味をかみ砕いてみます。

  • 贈る物:金銭・物品
  • 贈る対象:国・地方自治体・NPO法人など

そして、寄贈の意味をかみ砕いた結果が以下の通りです。

  • 贈る物:物品
  • 贈る対象:教育機関・医療機関・図書館など

寄付/寄附の場合、物品だけでなく金銭も該当するのに対し、寄贈に当たるのは物品のみ。
また、寄付/寄附の対象は非営利な活動を行う組織全般ですが、寄贈の対象は公共性の高い教育機関などに限られます。
このように、寄付/寄附と寄贈では、贈る物や対象に違いがあるので注意してください。

誤用されがちな言葉3つ目:支援金・義援金

画像: 誤用されがちな言葉3

最後に紹介するのが「支援金・義援金」。
震災を例にすると、支援金・義援金・寄付/寄附の違いがわかりやすいと思います。

支援金とは、被災地で支援活動を行うNPO法人といった団体に対して贈られるもの。
この支援金は、人命の救助であったり、建物の復旧であったりに充てられます。

一方で義援金とは、被災者1人1人に平等且つ公平に分配される見舞金のようなものです。
支援金とは違い、人命の救助や建物の復旧に使われることはありません。

また、支援金は迅速に被災地へ贈られるのに対し、義援金が被災者に届けられるまでには時間が掛かってしまいます。
これは、公平に義援金を分配するに当たり、被災者数や被災状況などを把握する必要があるため。
なので、被災地をいち早く支援したいのなら、支援金の贈与を検討する方が良いでしょう。

では、支援金・義援金と寄付/寄附にどういった違いがあるかと言うと、「行為自体を指すかどうか」というものです。

寄付/寄附は、金品を贈与する行為に対して使われる言葉。
片や、支援金や義援金は、寄付/寄附によって贈られる金銭のことを指します。
要は、寄付/寄附の手段で被災地に贈られる金銭が支援金や義援金ということです。