寄付とボランティアの違いとは?

画像: 寄付とボランティアの違いについて

きっと、寄付とボランティアの違いを知り、自身に合った形で支援を行いたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

寄付とは、国や認定NPO法人といった公共性の高い団体に対し、無償でお金や物を贈ること
自発的な意思を持ち、リターンを顧みずお金や物を贈る行為を寄付と言います。

一方でボランティアとは、自発的に社会のために活動する行為のことです。
「時間の寄付」・「体力の寄付」とも呼ばれ、お金や物ではなく自身の時間や労力を社会貢献のために使うことを言います。

これらの意味からわかる通り、寄付とボランティアの最大の違いは、「提供するもの」が異なるところ。
寄付はお金や物を贈るのに対し、ボランティアは時間や体力を提供します。

それだけでなく、寄付とボランティアでは、もたらされるメリットやデメリットも違います。
寄付の場合は、自由度が高いものの、社会貢献の実感を得にくいところが特徴。
ボランティアは社会貢献の実感が得やすい反面、年齢や能力に一定の条件が設けられている点がデメリットです。

今回は、そんな寄付とボランティアの違いについて、言葉の意味や定義を踏まえた上で解説。
また、言葉の違いだけではなく、寄付・ボランティアで異なるメリットやデメリットについても紹介します。

自身に最適な支援の形を探すに当たり、寄付とボランティアの違いを把握しておくことは大切。
寄付とボランティアの違いやメリット・デメリットを知れば、あなたにとって最適な方法で困っている方の力になれることでしょう!

それぞれの意味やメリット・デメリットについて

まずは、寄付とボランティアの意味・メリット・デメリットを紹介します。

寄付の意味やメリット・デメリット

画像: 寄付について

寄付とは、「非営利な活動を行う公共性の高い団体に対し、見返りを求めず無償でお金や物を贈る行為」のことです。
辞書においても、同じように定義されています。

き‐ふ【寄付・寄附】
[名]スル公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

寄付における公共性の高い団体とは、国・地方公共団体・認定NPO法人・公益社団法人などのこと。
こういった団体に対して、任意性を伴い且つリターンを顧みずに金品を与えることを寄付と言います。

当然ながら、営利目的で活動する一般的な法人に金品を贈った場合、寄付という言葉は使いません。
また、寄付の対象が認定NPO法人といった非営利な団体だったとしても、リターン(反対給付)が伴うのであれば、寄付とは呼べないので覚えておきましょう。

そんな寄付が持つ最大のメリットは、自由度が非常に高いところ。
どんな方でも・好きなタイミングで・好きな金額」の支援を行えるところが寄付の魅力です。

反対に、寄付のデメリットは社会貢献の実感を得にくいところと言えるでしょう。
もし、しっかりと活動報告を行っていない団体を支援先に選んでしまうと、あなたの寄付が社会の役に立っているという実感は、なおのこと得にくいかもしれません。

とはいえ、寄付金の使い道をオープンにしていたり、定期的に活動報告を行っていたりする団体を選べば、社会に貢献できているという実感を得られるはずです。
なので、あなた次第で寄付のデメリットは解消できると思います。

ボランティアの意味やメリット・デメリット

画像: ボランティアについて

辞書では、ボランティアを以下のように定義しています。

ボランティア【volunteer】
《志願者の意》自主的に社会事業などに参加し、無償の奉仕活動をする人。

出典:大辞泉

上記を踏まえて詳しく説明すると、ボランティアとは「自身が持ちえる能力・時間・労力を使い、自発的に社会貢献の活動を行うこと」です。
辞書においては「人」に対して使われる言葉とされていますが、行動や活動に対しても用いられます。

例えば、地震などの災害発生時に現地へ赴き、被災者の力になることをボランティアと言います。
また、チャリティ活動に対する労力的な支援などもボランティアの一例です。

では、ボランティアのメリットは何なのかと言うと、社会貢献の実感を得られるところ。
自身の時間や労力を寄付するボランティアでは、「社会に貢献できた」という強い実感を得られます。

一方でボランティアのデメリットは、誰もが参加できるものではないところです。
基本的に、ボランティアの募集には、年齢や能力に対して条件が設けられていることがほとんど。
寄付に比べ、自由度が低いところは、デメリットと言わざるを得ないでしょう。

最大の違いは「提供するもの」

画像: 違いについて

寄付とボランティアの違いを紹介するに当たり、各々の意味やメリット・デメリットをまとめてみます。

画像: 寄付とボランティアの概要

上記の通り、寄付とボランティアの違いは一目瞭然です。

まず、寄付とボランティアの最大の違いは、「贈るもの」が異なるところ。
寄付ではお金や物を贈るのに対し、ボランティアでは能力・時間・労力を無償で提供します。

双方とも、「自身が持つものを社会貢献のために提供する」という点では同じです。
ただ、「寄付 = 金品を提供する」・「ボランティア = 時間や労力を提供する」といった違いがあるので覚えておきましょう。

そして、寄付とボランティアでメリット・デメリットが正反対なところも、各々の違いとして挙げられます。

上述した通り、寄付のメリット・デメリットは、自由度が高いものの、社会貢献の実感が得にくいところ。
反対に、ボランティアのメリットとデメリットは、社会貢献の実感が得やすい反面、自由度が低い点です。
このように、単なる言葉の定義だけではなく、メリットやデメリットが異なるところも、寄付とボランティアの大きな違いと言えます。