寄付金と義援金の違いについて

画像: 寄付と義援金の違いについて

寄付について調べていると、目にすることが多い「義援金」という言葉。
きっと、「寄付金と義援金にはどんな違いがあるのだろう?」と気になっている方が多いのではないでしょうか?

寄付金とは、社会を良くしようと非営利に活動する団体へ贈られるお金のこと。
非営利な団体として挙げられるのは、国・地方公共団体・NPO法人など様々です。
こういった団体に対して、見返りを求めず贈るお金のことを寄付金と言います。

一方で義援金とは、地震や台風といった災害の被災者に贈られる寄付金のことです。
この義援金と意味が似ているとして、よく誤って使われるのが「支援金」。
しかし、義援金と支援金では、「寄付の対象」・「寄付金が被災地に届くスピード」といった点に違いがあるので覚えておきましょう。

それでは、寄付金と義援金の違いは何なのかと言うと、広く捉えれば意味はほとんど同じです。
寄付金という広いカテゴリーの中に、義援金という言葉が含まれているイメージ。
要は、寄付金を親とすると、子のカテゴリーに分類されるのが義援金という訳です。

そこで、今回は寄付金と義援金にどんな違いがあるのか、各々の意味を踏まえて解説。
寄付金と義援金の意味を紹介することにより、それぞれの違いをわかりやすくしていきます。

寄付を行う上で、自身が贈るのは寄付金・義援金のどちらに当たるのか、把握しておくことは非常に大切。
それぞれの意味や違いを知ることによって、寄付への理解度を深めていきましょう!

辞書の定義を交えて各々の意味を紹介

寄付金と義援金の違いを明確にするため、まずは各々の意味を紹介します。

寄付金とは?

画像: 寄付金について

寄付金の意味は、以下の通りです。

き‐ふ【寄付・寄附】
[名]スル公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

辞書で定義されている寄付の意味を踏まえると、寄付金とは「公共性の高い団体・組織・人物に対して見返りを求めず贈る金銭のこと」です。

公共性の高い団体の例は、国・地方公共団体・公益社団法人・NPO法人など。
加えて、政治活動を行う人物に対して贈るお金も寄付金に当たります。
要は、営利を追い求めず、社会を良くするために活動する団体や人物に贈られるお金が寄付金です。

当然ながら、営利目的で活動する団体へ贈られるお金のことを寄付金とは言いません。
また、NPO法人にお金を贈ったとしても、何かしらのリターンがあるのであれば、それは寄付金に該当しないので覚えておきましょう。

ちなみに、寄付金と寄附金の意味に違いはありません。
ただ、「公共文や法令文では寄附金を用いる」・「それ以外の場面では寄付金を用いる」といった違いはあります。

義援金とは?

画像: 義援金について

義援金の意味は、辞書にて以下のように定義されています。

ぎえん‐きん【義×捐金】
義捐のために寄付する金銭。

出典:大辞泉

辞書では異なる漢字が用いられていますが、義援金との意味に違いはありません。

「義捐」とは、被災者の救済などを目的に金品を贈与すること。
なので、義援金の意味は「地震や台風といった災害の被災者を支援するために贈る寄付金」となります。

この義援金と似ている言葉として、頻繁に誤用されるのが「支援金」です。
支援金とは、被災地で支援活動を行うNPO法人などに対して贈られる寄付金のこと。
義援金と支援金で意味が異なるのはもちろんのこと、それぞれの特徴にも違いがあります。

画像: 義援金と支援金の違い

画像の通り、意味だけではなく特徴にも大きな違いがあることがわかります。

義援金を贈るメリットは、寄付金の100%が公平に配られるため、確実に被災者のもとに届くというもの。
反対にデメリットは、被災による混乱の中で自治体が義援金の配分を決めることから、被災者に届くまでに時間が掛かるというものです。

一方、支援金を贈るメリットは、被災地の救命や復旧活動に使われる点。
NPO法人などが支援金の使い道を決めるため、義援金よりも早く被災者のために役立てられます。

しかし、団体によって、支援金を無駄使いしている可能性があるところはデメリットと言えるでしょう。
そのため、支援金を贈る場合は、お金の用途が鮮明であったり、収支報告をしっかり行っていたりする団体かどうか確認することが大切です。

参考:今、私たちにできること 義援金・支援金・ボランティアで復興を支援 | 農林水産省

広く捉えれば大きな違いはない

画像: 違いについて

結論から言うと、寄付金と義援金の意味にほとんど違いはありません
ただ、寄付金を広いカテゴリーとして捉えると、義援金はそのカテゴリーに属する言葉という解釈ができます。

画像: 寄付金と義援金の違い

上記の通り、公共性の高い団体に対して見返りを求めず贈ったお金は、その全てが寄付金に当たります。

一方で義援金に該当するのは、被災者を支援する目的で贈ったお金のみ。
強いて双方の違いを挙げるとするなら、「対象が限定的かどうか」といった点です。

とはいえ、義援金として贈ったお金は、寄付金とも言えます。
要は、「災害の被災者に対して贈った寄付金 = 義援金」ということ。
寄付金というカテゴリーの中に、義援金が含まれているのです。