寄付に最適な封筒の種類やマナーについて

画像: 寄付に適した封筒について

困っている人を助けたいという強い思いから、実際に寄付を行おうと考えている方も多いと思います。
ただ、寄付に適した封筒がわからず、困っている方も少なくないのではないでしょうか?

当然ながら、郵便用の封筒で寄付を行うのは避けるようにしてください。
基本的に、寄付を贈る際は、「熨斗袋(のし袋)」・「金封」を使用すれば問題ありません。

それだけでなく、寄付を封筒で贈るのなら、表書きのマナーを知っておく必要があります。
意外かもしれませんが、寄付の封筒に「寸志」と記載するのは好ましくありません。
表書きには、「御寄付」or「金一封」と記載するのが礼儀なので、覚えておくようにしましょう。

そこで、今回は寄付に適した封筒の種類を始め、表書きのマナーについて解説。
また、寄付の封筒に記載すべき漢数字に関する決まり事や、どんな紙幣を用意すれば良いのかも紹介します。

さらに、義援金として寄付を贈る場合に注意すべきことも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

封筒の種類は2つ

画像: 封筒の種類について

寄付で使用するのに適した封筒は、主に以下の2種類です。

  • 熨斗袋(のし袋)
  • 金封

(物品による寄付を行う場合は、「熨斗紙」を用いるのが一般的)

これら2種類の封筒を総称して、祝儀袋と呼ぶこともあります。

熨斗袋とは、水引(※)や熨斗が封筒に印刷されていて、寄付金を直接入れられる形をした封筒のこと。
(※ 水引(みずひき)とは、贈答品や封筒に付ける飾り紐のこと。色は紅白 or 黒白が一般的)
一方で金封とは、多当折型の本体があり、その中に紙幣を入れられる袋(中袋)がある封筒のことです。

基本的に、寄付の際にはどちらの封筒を使用しても問題ありません。
仮に、使い分けるとするのなら、包む寄付金の額によって使用する封筒を決めるのが好ましいです。
1万円を超える場合は「金封」、1万円より小さな寄付金を包む場合は「熨斗袋」といったように使い分けることをおすすめします。

表書きのマナーを解説

画像: 表書きのマナーについて

寄付で使用する封筒の表書きには、いくつか知っておくべきマナーがあります。

まず、寄付金を包む封筒の表書きに「寸志」という言葉を使用するのは避けるようにしましょう。

寸志とは、「心ばかりのものです」と、へりくだった気持ちで渡す金銭や物品のこと。
この寸志という言葉は、敬語の種類だと謙譲語に該当します。

例えば、一般社員のみで行われる宴会の費用を会社の役員が少し負担したとします。
この場合、仮に封筒に入れて宴会費用を渡すなら、表書きに寸志と記載するのは問題ありません。

では、寄付の封筒に適した表書きは何なのかと言うと、「御寄付」・「金一封」です。

もし、物品による寄付を行うのなら、「御寄贈」という表書きが適切。
金銭の場合は「御寄付」or「金一封」、物品の場合は「御寄贈」と記載するようにしてください。

大字と呼ばれる旧字体を用いるのが一般的

画像: 使用すべき漢数字について

寄付金を金封で包む場合は、中袋の表面に金額を記載しなければいけません。
この際に用いるべき漢数字は、「大字(だいじ)」と呼ばれる旧字体です。

例えば、封筒に包む金額が1万円なら「壱萬圓」。
千円なら「壱千圓」と記載するようにしましょう。

こういった大字は、冠婚葬祭で贈る封筒にも用いられます。
そのため、封筒に記載する大字は、覚えておくことをおすすめします。

ちなみに、中袋の裏面には氏名や住所を記載しますが、この場合は旧字体を使用しません。
普通の漢数字で問題ないので、覚えておきましょう。

新札でなくても問題ない

画像: 包むべき紙幣について

きっと、結婚式などで渡すご祝儀では、新札を封筒に包むのがマナーであることを知っている方は多いことでしょう。
ただ、寄付の場合は、必ずしも新札でないといけない訳ではありません。

結婚式のご祝儀で新札を包むべき理由は、新しい門出を祝うに当たり、新札でないと不適切なため。
また、「事前に祝う準備をしていました」といった意味も込められています。

一方、寄付に関しては、日程を前もって決めて準備するものではありません。
寄付者1人1人が思い立ったタイミングで行うため、新札を用意する必要がないという訳です。

とはいえ、寄付も相手に渡すという点では同じです。
なので、なるべく綺麗な紙幣を封筒に包む方が良いと思います。

義援金として寄付する場合は要注意

画像: 義援金として寄付する場合の注意点について

震災などで被災した方々に贈る義援金。
義援金を贈る際は、使用すべき封筒の種類や適切な表書きが異なるので注意しなければいけません。

まず、義援金として被災地の方に寄付を行う場合は、熨斗袋ではなく、色が白黒で且つ無地のシンプルな封筒を使用するのがマナーです。

上述した通り、熨斗袋にはお祝いの意味も含まれています。
被災者に対して熨斗袋を贈る行為は不謹慎&不適切なので、絶対にやめておきましょう。

また、表書きには「御見舞」などの言葉を使用するのが一般的です。
もしくは、「震災見舞」or「災害見舞」といった言葉でも問題ありません。

そして、もう1つ気を付けなければいけないのが、封筒に包む金額です。

義援金の場合は、「4」・「6」・「9」といった数字が含まれない金額を封筒に包むのがマナー。
これは、「4 = 死」・「6 = 無(失う)」・「9 = 苦しみ」を連想させてしまうためです。
もしかすると、被災者の方に不愉快な思いをさせてしまうかもしれないので、義援金として封筒に包む寄付金の額には気を付けるようにしましょう。