日本からオンラインギャンブルへ: 法律と制限

日本には盛んなゲームシーンがあり、オンラインベッティングの成長を目の当たりにしてきた。しかし、この問題に関しては、日本の法的状況は制限的です。日本で賭けを行うことができるのは、「ブックメーカー ビットコイン」スポーツベッティング、宝くじ、そして定番のパチンコを含むいくつかの賭け事だけです。日本がオンラインギャンブルにどのように取り組んでいるか、以下でご覧ください。

日本におけるオンラインギャンブルの法的現状

1907年の刑法に基づき、日本では一般的にギャンブルは禁止されています。日本には厳格な法律があり、厳しく取り締まっている。2021年だけでも、ギャンブルマシンの使用で300人以上が逮捕されており、ギャンブルに関する日本政府の厳格な取り組みが浮き彫りになっている。

現在、カジノ法が厳しく監視されている一方で、日本ではスポーツベッティングを行うことができる。日本では、公営競技でのスポーツベッティングが合法化されており、主にパリミュチュエルベッティングやプールベッティングが認められている。例えば、以下のようなものがある:

  • 競馬
  • 競輪
  • パワーボートレース
  • オートバイのスピードウェイレース

しかし、オンラインカジノやスポーツベッティングサイトの利用を直接禁止する法律はないことに注意する必要がある。その代わりに、この国のオンラインギャンブル規制の焦点は、「ブックメーカー 日本」の地元企業が日本国内でそのようなプラットフォームを運営するのを防ぐことにある。

統合型リゾート整備法(2016年)

日本は2016年に統合型リゾート整備法を成立させ、カジノシーンに一歩踏み出した。この法律は、カジノを含む複合観光施設であるIRの創設を認めるものである。

これは、国内の観光を促進し、経済成長を後押しすることを目的としている。IRDA(2016年)は、日本におけるカジノ合法化への道を開いた。実際、2020年までに以下の計画が動いていた:

  • カジノを管理・監督する委員会を設置する。
  • IR建設方針を策定
  • IRの建設に関心のある都市は、計画を立て、リゾートのカジノ部分を運営する会社を選ぶことを義務付ける。これらの計画は政府によって審査される。

しかし、2020年に発生した世界的なパンデミックにより、計画の運用に遅れが生じている。現時点では、委員会が設置されただけで、国土交通省はすでにカジノやリゾートに関する政策を打ち出している。

統合型リゾート実施法(2018年)

日本における統合型リゾート・カジノのルールを定めた「統合型リゾート実施法」が2018年に施行された。主な条文を紹介する:

入場制限と入場料

  • 日本国民は週3回まで、または月10回までカジノを訪れることができる。
  • 入場料として6,000円が必要。

犯罪関与の防止

  • この法律には、犯罪組織のカジノライセンス取得を防止するための厳格な措置が盛り込まれている。
  • これらの措置は、業界が厳格なビジネス慣行を維持し、誠実に運営されることを保証することを目的としている。

外国のカジノ会社

  • 外国のカジノ会社は、日本でカジノライセンスを申請する機会がある。ただし、その申請には、ビジネスプランにどのように地域の特徴を盛り込むかを示す必要がある。

日本でギャンブル法がよりオープンになるにつれ、暗号も日本のオンラインギャンブル業界に大きな影響を与えることが予想される。日本は暗号の規制に積極的なことで知られている。

このことは、オンラインギャンブル分野でも暗号が受け入れられる可能性があることを示唆している。つまり、あらゆる「ビットコインブックメーカー」やその他のプラットフォームは、プラットフォームとプレーヤーの双方に潜在的な利益を提供し、日本での将来が有望であることを意味する。