地下カジノ(パチンコではない)とは?

ギャンブルは最もポピュラーな娯楽のひとつである。しかし、日本では1907年に刑法が制定され、賭博行為が禁止された。これにより、ポーカーやスロットのような従来のカジノゲームは禁止されたが、モーターレース、宝くじ、競馬などは例外とされた。

しかし、ギャンブル禁止法によって、こうした行為が根絶されたわけではない。実際、日本各地に地下カジノが栄えていた時代もあり、東京にも最大級の地下カジノがあった。

地下カジノとは?

一般的に地下カジノとは、ディーラーが常駐しているカジノ施設のことを指す。通常、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのテーブルゲームが用意されている。これらのカジノは当然違法です。当局に摘発されれば、運営者やプレイヤーは賭博法違反の罰則を受けることになる。つまり、現在の地下カジノのほとんどは、ヤクザや反社会的勢力に支配されており、彼らは法律や警察から逃れることができる場合が多い。

地下カジノの賭博行為は通常、誰も疑わないような日常的な場所で行われている。こうした賭博リングは、個人宅、ナイトクラブの裏、オフィス街などで発見されている。これらの場所から、賭博組織がいかに慎重に法執行機関に発見されないようにしているかがわかる。

首都圏でカジノを経営する暴力団関係者によると、カジノは通常、雑居ビルの一室で営業しているという。当局に摘発されるのを避けるため、カジノは定期的に移転する。そのため、運営者は数人しか参加できないように細心の注意を払っている。

顧客は、口コミシステムを通じて部屋を知る。カジノは、新しい部屋がオープンすると、安全なチャンネルを使ってプレーヤーに通知する。さらに、カジノのオーナーはプレイヤーに高額な料金を請求する。これは、カジノの秘密保持に対する彼らのコミットメントと真剣さを示すためである。地下カジノ・ルームの典型的な料金は、賭け金総額の5%である。このような犯罪シンジケートは、この方法を使うことで、すぐに莫大な利益を上げることができる。

地下カジノは、客を誘う以外にも、法執行機関を避けるためにさまざまな戦略を用いる。ひとつは、緊急時に余裕を持たせるための二重扉の設置。2つ目は、オンラインカジノに移行してスタッフを減らすこと。3つ目は、天井裏や床下に利益を隠すことである。

2023年4月、日本は国内初のギャンブルリゾート建設計画を承認した。リゾートは2029年にオープンする予定だ。大阪に建設される複合施設には、カジノエリア以外にもレストラン、ショップ、エンターテイメントエリアが含まれる予定だ。この複合施設の建設により、東京や日本全体における違法ギャンブル産業がなくなることが期待されている。

岸田文雄首相は、このリゾートが日本の世界的な魅力を際立たせる中心的な観光拠点になると楽観視している。何年もの間、世界のカジノ業界と石田派の議員たちは、日本でのカジノ開発に関する法律の改正を求めてきた。

日本の地下カジノについての詳細はこちら

https://bitcasino.io/ja/blog/tipshackstricks/japan-back-casino