青少年

認定NPO法人 日本武道総合格闘技連盟

主な活動

・着衣総合格闘技空手道「禅道会」及び「RF空手道」の国内外への普及活動と道場支部運営
・武道空手国際化とともに、次世代の人材育成を志し、流派団体の垣根を超えた有望選手100名を集めた強化選手制度の指導運営。 強化選手、道場生へ向けた企業後援会へ就職サポート、及び、永続的な武道人生を歩む空手実業団活動サポート(サムライプロジェクト)
・教育者、心理学者や医師等による教育講演会の開催(自立支援、自殺予防など)

・ディヤーナ国際学園(教育部:フリースクール)にて、ひきこもり、家庭内暴力、不登校、ニート、軽度発達障がい、軽度精神障がい者などへの社会復帰、自立支援
・高校卒業支援、英語留学、大学進学サポート、就職サポートなど社会復帰支援事業の展開
・カウンセリング学習セミナー、心理学セミナーなどの開催
・自治体と連携しカウンセリング相談会(予定)
・障がい者グループホーム「アルカディア」の運営

・教育講演会
ひきこもり、不登校、発達障がい、精神障がい等へのカウンセリングや対応対策などのセミナーやイベント開催
当団体は、長野県南信州の飯田市を中心に活動し、全国の支部道場、加盟団体、協力団体とともに、着衣総合格闘技空手道の普及と運営に加え、武道実践者の就職と永続的な武道人生を歩むための企業後援会と空手実業団の普及と運営を行っております。

また、武道教育を根幹とした、「ディヤーナ国際学園」では、南信州高森町を中心に、医療機関、医療系大学、自治体と連携し、自立支援フリースクール、広域制通信高校サポート校を運営。

日本の社会問題となっている、ひきこもり、家庭内暴力、不登校、ニート、軽度発達がい害、軽度精神障がい者等への支援活動も行っております。
さらに、ひとりひとりの心に寄り添う、障がい者グループホーム「アルカディア」運営も開始。

寄付を集める目的

武道空手道、フリースクール、グループホームの3本の武道教育を主軸とした社会貢献活動をおこなっており、日本各地はもちろんのこと、海外でもその活動は周知され、大きな展開をさせて頂いております。

しかしながら、強化選手活動においての活動資金の不足、ひきこもり、家庭内暴力、不登校などの児童の増加に加え、発達障がい者、精神障がい者の急増も日本の社会問題となるほどにあとを絶ちません。

そのため、心身の健康とバランスを取れる教育や施設が必須となっております。

私達は、日本の国力の増強のためにも、各ご家庭の平和と安らぎのためにも、社会貢献活動をおこなっておりますが、人員の確保、スタッフ教育、施設の向上、活動資金の不足、調達に大変苦労しております。

また、親権者様のご両親のとの死別、片親家庭、定年、病気入院など様々な事由により、金銭的な問題が浮上することが多く、「きずな基金」を設立し、幅広く寄付を募集しておりますが、まだまだ氷山の一角にも及ばないことも事実でございます。

そのため、藁をもつかむ気持ちで寄付を募集させていただいております。

団体からのメッセージ

武道教育の実践と追求を基に、永続的な武道人生を歩む空手実業団活動、社会不適合改善、親子の関係改善、コミュニケーション改善、生活改善、発達障がい改善、精神障がい改善など社会貢献活動に邁進して参ります。

ギャラリー

お問い合わせはこちら