オンラインカジノ日本市場の今後はどうなる?

近年、日本のオンラインカジノ業界は何かと注目を浴びています。ニュースでこの話題を取り上げることも増えたため、実際にプレイはしたことがなくても、「オンラインカジノ」の名前を聞いたことがある人は多いことでしょう。

こちらでは、そんなオンラインカジノの日本市場を取り巻く環境や違法性、今後の動向予想についてまとめています。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、日本では最近になってその名前を聞くようになりました。しかし、実はその歴史は意外にも長めです。1990年代、インターネットが一般的に普及するようになった時代に、ヨーロッパで最初のオンラインカジノが設立されたと言われています。それからインターネットの成長にあわせて、徐々にその市場を大きくしていきました。

日本でのオンラインカジノの普及

日本のオンラインカジノが飛躍的に広まったのは、2020年コロナ感染拡大防止のために自宅待機が求められた時期です。多くの人々が自宅での過ごし方をいかに充実させるか、ということに重きをおいていた時、オンラインカジノは一気に注目を集めました。

カジノは海外に行って楽しむという固定概念を覆し、退屈な日々に刺激的な時間を与えました。また、パチンコや競馬などのギャンブルを好んでいた人々にも、それに代わるギャンブルとして受け入れられていきました。

これまでの日本におけるオンラインカジノの違法性

日本国内では公営以外のギャンブルは、基本的に認められていません。しかし、オンラインカジノは、長らくその違法性に関して「グレー」という認識がされていました。

それまで日本では、違法ギャンブルの取り締まりを行う場合、ギャンブルの胴元とプレイヤーのどちらも取り締まる必要がありました。賭けという行為が違法となるため、胴元とプレイヤーの両方からの賭けの立証をする必要があるからです。しかし、オンラインカジノは合法的な海外企業による運営のため、そもそも違法性に引っかかるかが疑問視されていました。そのため、海外オンラインカジノを日本人プレイヤーが日本で楽しむことはグレーと言われていたのです。

注目を浴びた一つの事件

2022年に起こったある事件をきっかけに、オンラインカジノを取り巻く環境は大きく変化します。この事件は、ある市町村で配布予定の給付金全額が、たった一人に全て誤送金されてしまったことに始まります。その金額全てがオンラインカジノで使用された、と大きく報道されたことから、それまでオンラインカジノを知らなかった人々にも認知されるようになりました。

変化する違法性

上記の事件をきっかけに、日本ではオンラインカジノについて語られることが増えました。また同時に、警察がオンラインカジノの違法性を訴える案内も出すようになりました。

しかし現在の法律では、実際に海外のオンラインカジノ利用者を起訴するのは難しいされています。というのも、カジノの胴元が海外企業であることから顧客名簿の入手はしがたく、決済方法によっては利用者を完全に追うことが難しいからです。逮捕されても起訴されない例が多く、まだこの違法性とその根拠、また立証の難しさから、オンラインカジノの利用とその違法性は議論が絶えません。しかし、ネガティブな話題性が高まったことで、市場自体はコロナで飛躍的な成長をした時よりも、現在縮小傾向にあります。

一方、日本国内にいないときのプレイでは、完全に罪に問われることはありません。この場合、違法性は気にせず安心してプレイすることができます。

オンラインカジノにも影響するIR法案

昨今、日本にカジノ施設を誘致するIR法案についての議論は白熱しています。カジノ施設の建設は、大きな経済効果を生み出すことが期待されています。これは、日本人だけではなく、海外観光客が足を運んでリゾートアクティビティの一つとして遊ぶことに期待ができるからです。一方、治安悪化の心配の声も上がっています。しかし、海外ランドカジノのカジノが原因となる治安悪化は耳にしないため、そこまで問題がないとの見方が強まっています。

カジノ施設が実際に日本の各地建設されれば、オンラインカジノの在り方もよい方向に進むことが期待できます。そうなれば、人気エンタテインメントサイトのビーベットログインをしてスキルを上げてから、実際のカジノ施設でプレイをより楽しむこともできるでしょう。オンラインカジノプレイが、実際のカジノ施設で遊ぶスキルとして活かされることで、今後のさらなる日本経済の発展に繋がるかもしれません。