寄付と献金には違いがある?

画像: 寄付と献金の違いについて

一見、意味が似ているようにも思える寄付と献金。
きっと、「寄付と献金にはどんな違いがあるのだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

寄付とは、国や認定NPO法人といった公共性の高い団体に対し、リターンを顧みず無償で金品を贈る行為のこと。
任意性を伴い、且つ見返りを求めずにお金や物を与えることを寄付と言います。

基本的に、寄付の対象は自身と対等 or 目下の人々です。
もしくは、特に上下関係のない相手に金品を贈る際も寄付という言葉を使います。

一方で献金とは、特定の目的に使ってもらうために金銭を寄付する行為のこと。
または、寄付する金銭そのものを指して献金と言うこともあります。

言葉の通り、主に献金が使われるのは、目上の人々に金銭を贈る場合です。
立場が対等 or 目下の人間に対して金銭を贈る際、献金という言葉は使いません。

では、寄付と献金の違いは何なのかと言うと、金品を贈る相手の立場が異なるところです。

寄付の対象は、対等 or 目下の人々。
反対に、献金の対象は、寄付とは違って目上の人々に限られます。
「寄付 = 対等 or 目下の人々に使う言葉」・「献金 = 目上の人々に使う言葉」という違いがあるので覚えておきましょう。

今回は、寄付と献金にどういった違いがあるのか、それぞれの意味や特徴を踏まえて解説。
「寄付の意味や特徴」・「献金の意味や特徴」を整理することにより、各々の違いをわかりやすく紹介します。

寄付と献金の違いがわかれば、正しく言葉を使い分けることが可能。
それだけでなく、自身に最適な支援の形は寄付・献金のどちらに当たるのか見えてくるかもしれません!

それぞれの意味をわかりやすく紹介

ここでは、寄付と献金の意味を始め、それぞれの特徴を紹介します。

寄付の意味や対象

画像: 寄付の意味や特徴について

寄付の意味は、以下の通りです。

き‐ふ【寄付・寄附】
[名]スル公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

辞書で定義されている意味を詳しく説明すると、寄付とは「公共性の高い団体に対し、リターンを顧みず無償で金品を贈ること」。
「寄付者に任意性があること」・「リターン(反対給付)がないこと」が寄付と呼べる条件です。

公共性の高い団体とは、国・地方公共団体・公益社団法人・認定NPO法人などのこと。
わかりやすく言うと、営利を追い求めず、社会をより良いものにするために活動する団体や組織のことです。

例えば、営利目的で活動する一般的な企業にお金を贈ることを寄付とは言いません。
これは、仮に見返りがなかったとしても同様です。
反対に、非営利な団体に支援を行ったとしても、何かしらのリターンや利益があるのであれば、寄付とは言わないので注意してください。

そんな寄付は、対象が「対等」or「目下」の人々に限られているところが特徴の1つ。
また、上下関係のない相手も寄付の対象に含まれるので覚えておきましょう。

献金の意味や対象

画像: 献金の意味や特徴について

辞書では、献金の意味を以下のように定義しています。

けん‐きん【献金】
[名]スルある目的に役立ててもらうように、金銭を献上すること。また、その金銭。

出典:大辞泉

上記の通り、献金とは「ある目的に役立ててもらうよう、お金を献上する行為のこと」です。
もしくは、献上するお金を指して献金と言うこともあります。

献金という言葉は、政治活動に対する支援を行った場合に使うのが一般的。
これを「政治献金(※)」と言います。
(※ 政治献金とは、政治活動に使う資金集めのために広く寄付を募る行為のこと)

では、献金の対象は何なのかと言うと、主に「目上」の人々です。

言葉からもわかる通り、献金は「献上」するもの。
基本的には、立場が下の人が上の人に対してお金を贈る際に献金という言葉を使います。
そのため、目上の人が目下の人にお金を贈る場合に献金という言葉を使うのは不適切です。

特徴を整理すれば違いが見えてくる

画像: それぞれの違いについて

寄付と献金の違いを明らかにするため、まずは各々の意味や特徴を整理してみます。

画像: 意味や特徴の違い

画像の通り、寄付と献金の特徴を比較すると、双方の違いは明白です。

まず、寄付と献金では「贈るもの」に違いがあります。

寄付に該当するのは、お金を贈る場合だけではありません。
物を無償で贈る行為も寄付に当たります。
このことを「物品寄付」と言います。

一方、献金として贈れるのはお金のみ。
物を贈る行為が該当するかどうか」というのが寄付と献金の違いの1つです。

そして、寄付と献金の違いとして、「対象が異なる」という点も挙げられます。

基本的に、寄付は立場が対等、もしくは目下の人々へ金品を贈る際に使う言葉。
しかし、主に献金の対象は目上の人です。
このように、「寄付 = 立場が対等 or 目下 or 上下関係のない相手へ金品を贈る際に使う言葉」・「献金 = 立場が上の相手へ金品を贈る際に使う言葉」という違いがあります。