寄付と募金について違いを踏まえ解説

画像: 寄付と募金の意味と違いについて

寄付について調べていると、よく目にするのが「募金」という単語です。
一見、寄付と募金の意味は同じように思えますが、これらには明確な違いがあります。

寄付とは、国・地方公共団体・NPO法人など、公益性の高い団体に対して無償で金品を贈与する行為のこと。
一方で募金とは、寄付金を様々な方から募って集める行為のことです。

これらの意味を見ればわかる通り、寄付と募金の違いは明白。
寄付は与える側の行為を意味するのに対し、募金は貰う側の行為を意味します。
与える = 寄付」・「貰う = 募金」という違いがあるので、しっかりと使い分けるようにしましょう。

そこで、今回は寄付と募金にはどんな意味があるのか、それぞれの違いを踏まえ詳しく解説。
また、寄付と似た意味を持つとして、頻繁に誤って使われる言葉との違いについても紹介します。

実際に寄付を行う上で、言葉の意味を正しく理解しておくことは非常に大切。
募金を含め、似た言葉との違いをしっかりと把握して、寄付に対する理解を深めましょう!

それぞれの意味とは?

寄付と募金の違いを紹介する前に、まずはそれぞれの意味についてわかりやすく紹介します。

寄付とは無償で金品を与える行為のこと

画像: 寄付の意味について

辞書では、寄付の意味を以下のように定義しています。

き‐ふ【寄付・寄附】
[名]スル公共事業や社寺などに、金品を贈ること。

出典:大辞泉

辞書で定義されている意味を踏まえ、より詳しく説明すると「寄付とは公益性の高い団体に対して、見返りを求めず無償で金品を与える行為のこと」となります。

この公益性の高い団体とは、国・地方公共団体・NPO法人など、営利を求めず活動している団体のことです。
わかりやすく言うと、社会をより良いものにするために活動している団体のこと。
寄付の対象は、こういった非営利で且つ社会に貢献する団体です。

当然ながら、収益を追い求める一般的な企業に金品を贈与することは、寄付とは言いません。
また、NPO法人などに金品を贈ったとしても、何かリターンがあるのであれば、寄付とは言わないので覚えておきましょう。

そんな寄付と意味が似ている言葉として、よく誤って使われるのが「寄贈」。
寄贈とは、学校などの教育機関・病院などの医療機関といった”公共性の高い組織”に対して、”物品”を贈る行為のことです。
このように、寄付と寄贈では、「贈る対象」・「贈るもの」に違いがあるので、しっかりと使い分けるようにしてください。

ちなみに、寄付と寄附の意味に違いはありません。
ただ、「公共文や法令文では寄附」・「それ以外では寄付」といったように、状況で使い分ける必要はあります。

募金とはお金を集める行為のこと

画像: 募金の意味について

辞書を見てみると、募金の意味は以下のように定義されています。

ぼ‐きん【募金】
[名]スル寄付金などをつのって集めること。

出典:大辞泉

募金とは、「様々な方から寄付金を募って集める行為」のこと。
活動費用を貯めるためにお金を集めることを募金と言います。

主に、募金を行うのは、NPO法人や公益社団法人といった非営利な団体です。
社会を良くする活動の資金を集めるために、こういった団体が募金を行います。

非営利な団体が募金を行う理由は、その活動により収益が発生しないため。
上述した通り、NPO法人などの団体は、売上を上げるために活動していません。
そのため、社会貢献の事業を行うには、募金によってお金を集める必要があるという訳です。

「支援する側」・「支援を募る側」という違いがある

画像: それぞれの違いについて

それでは、寄付と募金にどういった違いがあるのか紹介します。

それぞれの違いをより明確にするため、まずは先ほど紹介した寄付と募金の意味を以下にまとめています。

画像: それぞれの意味

寄付と募金の意味を比較してみると、その違いは明白です。

寄付とは、公益性の高い団体に金品を「贈る行為」のこと。
一方で募金とは、様々な方から寄付金を「募る行為」のことです。

例えば、募金箱にお金を入れる際、募金という言葉は使いません。
反対に、街頭にてお金を集める場合、寄付を集めるとは言わないので覚えておきましょう。

要は、与える側が使う言葉なのか、貰う側が使う言葉なのかといった違いがあるということ。
金品を与える場合は寄付」・「お金をもらう場合は募金」と使い分けるようにしてください。