代表メッセージ

Pocket

社会課題先進国・日本

現在の日本は世界でも類をみない「社会課題先進国」と呼ばれ、その将来を悲観する人たちが多くいます。その一方で、たくさんの人たちが様々な方法でこの課題を解決していこうと活動をしています。

特にNPO団体や社会的企業と呼ばれる組織では、多様な社会課題を解決できると信じ、様々なアプローチをとりながら、日々目の前の課題に取り組んでいます。

ITの持つ大きな力

私は本業であるシステムエンジニアとして、企業の経営課題を解決するためにITを導入することを生業としています。その本業を通して、ITという手段が持つ大きな力を目の当たりにし、それが日進月歩で新しくなってさらに大きな力を持っていくのを肌で感じています。

そのITという力が、社会課題を解決しようとする人たちの間でもっと浸透し、活用される環境になれば、彼らの活動がより効率的になり、新たな価値を生み出し、それによって社会課題がより早く解決されていくのではないかと考えています。

社会課題×IT

私たち一人ひとりができることには限りがあります。
しかし、ITを用いることでその「限り」ある力もとても大きくなります。

「社会課題先進国」の私たちが、世界で初めてその課題を解決し、「社会課題解決先進国」として世界に貢献できる日が来ることを信じて、Make it Betterの活動を推進していきます。

 

共同代表 安藤 昭太

Pocket