NPO×ITのプロボノ支援を提供するNPO法人「Make it Better」設立

Pocket

2015年9月1日

各位

NPO×ITのプロボノ支援を提供するNPO法人「Make it Better」設立

 

このたび、NPO団体向けのITに関する相談や支援を行うプロボノ(プロスキルボランティア)団体として、NPO法人「Make it Better」を設立いたしました。

 

NPO×ITの持つ大きな力

「社会課題先進国」の日本において、多様な社会課題を解決するべく、多くのNPO団体が日々活動を行っています。

私たちは本業を通じて、ITという手段が持つ大きな力を目の当たりにし、それが日進月歩で新しくなってさらに大きな力を持っていくのを肌で感じています。

その、ITという手段が持つ大きな力を活用し、その活動がより効率的になり、新たな価値を生み出し、それによって社会課題がより早く解決されていくと信じています。

 

なぜ行うのか

共同代表・安藤が4年間プロボノとしてNPOへIT支援を行ってきた経験から、「社会課題を本気で解決したい組織こそ、最新のITシステムで効率的に社会的インパクトを追求すべき」で「NPO側はITシステムを積極的に導入したいという需要がある」にもかかわらず、「ITプロボノ人材が少なく、その需要と人材の供給が一致していない」と感じているためです。

ソーシャルセクターにおけるIT(ノンプロフィットテクノロジー)活用を積極的に進め、ITリテラシーの如何に関わらず、最新の製品/サービスが広くあまねく活用されていることを目指します。

 

何を行うのか

まずは、NPO向けに無償提供されているITサービスを活用するためのコンサルティング(活用相談)を行います。

具体的には、Google for Nonprofit、特にGoogle AdGrants(GoogleのNPO向け無償広告サービス)を活用した、広報/ファンドレイジング事業の支援を実施いたします。

中長期的には、他のGoogle for NonprofitのサービスやNPO向け無償ツールを使用したソリューションの提供、および有償ツールのNPO向け無償(または低価格)化を推進してまいります。

 

誰に行うのか

理想的には、全国のNPO団体に向けて活動したいと考えていますが、リソースが限られているため、まずは当団体の基準に基づいて決められた提供先へサービスを提供いたします。

サービス提供をお約束することは叶わない可能性がございますが、お問い合わせは随時お受けいたします。

 

どのような特徴があるのか

私たちはスキルマッチングによる支援ではなく、「ミッション共感型」のプロボノ支援を目指しています。団体の思いに共感し、一緒に解決したいプロボノからサービスを提供することをお約束します。

またプロボノを行う側のメリット(自身の成長や人脈の広がり)よりも支援先団体による「社会的インパクトの質量」と「ミッション達成の実現化」に重点を置いた現実味のあるソリューション提供を目指しています。

この二つを実現することで、プロボノ自身が得られるものがこれまで以上に大きいものになると考えています。

 

今後の展開

今後3年以内には、プロボノの人数を20名程度に増員し、より多くのNPO団体にサービスが提供できるように効率的な組織運営を目指します。

また現在は全て無料で提供していますが、今後は収益化も検討しており、事業継続性が担保された形でのサービス提供を目指します。

問い合わせ先

info@makeitbetter.jp

公式Webサイト

http://makeitbetter.jp/

共同代表写真
左から、辻由佳、安藤昭太、堤大介、小梁川裕也

以上

Pocket

Comments are closed.